楽しく、美しく生きる

楽しく、美しく生きるために修行中

【中国】Wi-Fiルーターレンタルのおすすめまとめ

こんにちは!

さくらです。

 

今日は上海の旅行でWi-Fiルーターをレンタルしたことについてまとめました。

 

 

海外旅行でWi-Fiルーターは欠かせませんよね。

ラインもGoogleマップも使えないと、私はどこにも行けないし何もできません。

 

今までの海外旅行では、たいてい私はイモトのWiFiでレンタルして同行者と共有して使っていました。

 

今回もとりあえずレンタルしなきゃ!と思っていたら、意外な事実を知りました

 

中国では普通のルーターでは不十分

中国では規制の関係で普通のWi-Fiルーターではできないことがあるんです!

 

例えばLINEFacebookなどのSNS、グーグルマップなどのグーグルが提供するサービス。

 

これだと旅行中かなり厳しいですよね?

はぐれても連絡が取れないし、場所も調べられないなんて

 

制限がないWi-Fiもある

ですがこれをクリアした、ネットに接続できる(VPNという)Wi-Fiルーターをレンタルできる会社もあるんです!

 

調べてみた結果、対応しているのはこちらの3社しか見つけられませんでした。

少ない。

 

そしてルーターは普通のものに比べて高額です。

 

エクスモバイル

3つの特長≫

1:世界200以上の国と地域でインターネットが定額でご利用可能なサービスです。

   モバイルWiFiルーターなので現地で携帯していれば、渡航先の屋内・屋外でも使用できます。

   アジア周遊タイプなど複数の国で使用可能な商品も取り扱っております。

 

2WiFi対応スマートフォンタブレットをセットでレンタルも可能です。

   WiFiルーター1台あれば、同時に複数台のスマートフォンタブレット

   ネットにつなげることができるので、ビジネスではお仕事メールや資料の確認、

   プライベートでも地図を見たり、現地の情報収集など幅広くご利用することが可能です。

 

3WiFiスマホ等の端末に詳しいスタッフが徹底サポート。

   安心して定額でご利用することができます。

   また端末は空港でのお受け取りも可能です。

 

海外専用グローバルWiFi

【高品質&低価格】

世界30以上の通信会社と連携している強みを生かし高品質で低価格を実現!

 

【豊富なプラン】

高速通信4G-LTEでの提供エリアは、88の国と地域で業界最多クラス。

また、データ容量が1日あたり500MB1GB使える大容量プランも多数の国で提供。

新たに無制限プランも拡大中です!

 

【業界最多クラスの受取り拠点数】

受取・返却場所は国内16空港2営業所。海外は、ハワイ・韓国・台湾で受取返却ができるなど

受取可能な場所が豊富で便利!また、空港で受取れない方には宅配での受取り返却サービスがございます。

 

イモトのWiFi

業界大手の海外用モバイルデータ通信レンタル「イモトのWiFi」。

 

【特徴1】世界200以上の国と地域をカバー

【特徴2】全ての料金プランでお手頃な価格を実現

【特徴310秒で簡単接続

【特徴4】簡単レンタル・帰国時に空港で返却可能

【特徴5】高速大容量データ通信

【特徴6365日・24時間の充実無料サポート

 

 グローバルワイファイが一番安かった

この3つで比べてみたのですが、グローバルWi-Fiが一番安かったです。

 

他の2つ(エクスモバイルとイモトのワイファイ)は複数台のスマホで共有して使えないとのこと。

 

というわけで、今回はグローバルWi-Fiルーターを借りました。

 

LINEもグーグルマップもさくさく使えます。

 

実際ルーターを借りていなかったら、かなり大変だったと思います。

なのでレンタルして本当によかったんですが、容量が足りませんでした。

 

ルーターをまともに使っていたのは上海ディズニーリゾートでアプリを見るときとグーグルマップで場所を調べるときくらい。

それ以外のときはWi-Fiを切るようにしていました。

 

ですが一番容量が少ないもの(600MB)をレンタルしたため、夕方には容量がなくなってしまいました。

上海ディズニーリゾートのアプリはやたら容量を食うみたいです…ご注意を。

 

借りたWi-Fiが使えないと、ホテルのWi-Fiにつなぐしかありません。

Yahoo!ニュースしか見れなくなってしまい困りました(笑)

 

中国旅行でルーターをレンタルするときは、対応しているもの、容量に余裕があるものを選びましょう。

 

少しでも参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

文系でもSEになれる?未経験からSEになった社会人1年目の女子が思うこと

こんにちは!

さくらです。

 

新卒1年目が終わります。

新卒で未経験からIT企業に入社して、1年。

 

長かったような、短かったような、でも終わってしまうとあっという間でした。

 

どんな仕事をするのかな早くバリバリ仕事ができるようになりたいなと期待に胸を膨らませて入社しました。

現実は厳しいです

 

というわけで、今回は「未経験、文系出身、女性」という多数派ではない条件でSEになることについて書いていきたいと思います。

 

 

SEになった理由・目的

面接でも聞かれましたが、私は「チームで仕事ができるところ」、「学びながら仕事ができるところ」なんかを挙げていた記憶があります。

 

新卒で入社すればどの仕事でも勉強はしないとですし、個人でできる仕事の方が少ないと今なら感じますが…(笑)

 

ちなみに面接で答えていたこれらの目的も嘘ではないのですが、「体力を使わない仕事」、「かっこよさそうな仕事」をしたかったが本音です。

 

学生時代のアルバイトが体力仕事だったので、そういった仕事は長年続けることはできないなと漠然と感じました。

 

目標とか目的は面接で絶対に聞かれるので、自分の言葉で説明できるようにきちんと整理しておくといいと思います。

 

未経験について

面接で文系なのになんで?プログラミングやったことあるの?って言われると思っていたのですが、それほど聞かれませんでした。

 

むしろ私は心配だったので自分から「文系でも大丈夫ですか?」ってOBOG訪問でも面接でも聞きまくっていました。

 

たいてい「大丈夫だよ~むしろ文系のコミュニケーション能力は大事だよ~」と「パソコンを触るのが苦じゃなければ大丈夫だよ~」と言われていました。

 

今なら「いや、理系の考え方は絶対に必要」とも「私がプライベートでパソコン触るって、youtubeかブログ書くぐらいだわ」ともいくらでも反論できます(笑)

 

ですが採用の門戸が開かれているのは事実。

 

理系が有利なんてどこの会社もおそらく言ってないので、興味があればどんどん説明会行くといいと思います。

 

私は「IT企業っていっぱいあるけど、違いがほんとにわからない」って就活の最後まで思っていました。

それでも扱うシステムがどんなものかくらいは説明会でざっくりとは分かるので、わりと楽しく参加していた記憶があります。

 

でも企業説明会の内容がちゃんとは理解できなかったりする。

私は説明会でいきなりSaaSの説明をされて心が折れそうになりました。

 

文系出身ってSEとして不利?1年経った所感

というわけで無事にSEになりました!

 

理系の人に追いつけているかっていうと、たぶん追いつけていません。

 

仕事、全然大丈夫じゃない。

難しいよ☆

 

原因としては

  • 論理的思考力の欠如
  • 業務知識
  • センスのなさ

 

かなと思います。

文字にすると改めて悲しくなります。

 

これは私が文系だからっていう理由だけではないんですが、論理的に考える習慣と理系的な思考力がないんですよ。

 

昨年10月に基本情報に合格したんですが、ゼロから勉強するのはかなり苦労しました。

 

合格記はこちら。

 

mimimy.hatenablog.com

 

がんばって書いたので、ぜひ読んでいただけるとうれしいです。

 

今は応用情報の勉強中です。

 

業務知識は一気に覚えられるわけではないので、少しずつ教わっているところです。

 

仕事なんて大抵の人は入る前に予想できるわけではないので、慣れないのは当然。

ですがITについてまったく知識がない上に興味も持てないとなると、かなりのハンデになるとは思います。

 

仕事が想像していた以上に難しくて、時間をかけてもどうしても分からないこともあります。

細かいミスに気づいて、後から作業をやり直すこともたくさん。

 

でも私の職場は理系出身の人ばっかりってわけではないので、今のところ居づらい思いはしていません。

 

女性の立ち位置

一言で表すと、「仕事をする上ではまあそんなに関係ないかなあ」というのが正直なところです。

 

私の職場・チームはびっくりするくらい男性が多いです。

最初はこっちが緊張してしまって「大変なところに入ってしまった」と思っていましたが、今は大丈夫。

 

ちなみに配属初日に先輩に「緊張してるかもしれないけど、こっちもみんな新人が女性でびびってるから」みたいなことを言われました(笑)

 

仕事は仕事なので、性別で悪影響があるとかそんなことは全くないです。

 

文系・未経験に加えて女性として思うのは

  • 気を使ってもらえる
  • 声をかけてもらえる

ってことくらいかなあ

 

ちやほやしてもらえる、かわいがってもらえるっていい意味でとらえて、学べるものを学んでいくしかないかと。

 

何をするにも分からないことだらけなので、事前に上司がものすごく丁寧に説明をしてくれたり、こちらも質問をしたりしやすいです(私の場合は)。

 

これで私が男性だったら「なんで分からないの?」、「自分で考えて」って思われてしまうと思う。

私もそろそろ思われてるかもだけど。

やばい。

 

楽しいことは?

文系の人間にとって、ここまでなにもかもやったことない・知らないことばかりな業界ってまずないと思います。

 

覚えること、理解することが多くて大変ですが、その分できたときの喜びはひとしお。

 

あとは想像していたよりもずっと周りの人と話す時間があるので(もちろん時と場合による)、楽しいです。

 

道のりは険しいですが、まだまだ私はこの仕事を続けていきたいです。

 

というわけで、「未経験、文系出身、女性」でSEになった超マイノリティな私の所感でした。

 

少しでも参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

上海の「スターバックス リザーブ ロースタリー」に行ったよ

こんにちは!

さくらです。

 

上海の「スターバックス リザーブ ロースタリー」に行ったので、そのことについてまとめました。

 

最近中目黒にオープンした「スターバックス リザーブ ロースタリー」にも行きました。

そのときの記事はこちら。

 

mimimy.hatenablog.com

 

中目黒はオープンしたてということもあって、とにかく混んでいました。

 

それに比べて上海の「スターバックス リザーブ ロースタリー」は

  • 混んでない!
  • 限定グッズがかわいい!

最高の場所でした。

 

 

外観

外観はこんな感じ。

 

f:id:mimimy:20190330233336j:plain

 

夜だったので輝きがすごかったです。

 

めちゃめちゃおしゃれ!

期待が高まります。

 

混んでない!

中目黒はオープン直後ということもあって受け取りから入店まで3時間ほどかか理、注文にも時間がかかったのですが、上海の待ち時間は0

 

注文するために待つこともなく、快適でした(空いているってわけではないですが)。

 

レジに行くか、店員さんの持っているタブレットのような小型の端末で注文するシステムでした。

日本語を話せるスタッフの方もいらっしゃいました。

 

f:id:mimimy:20190330233404j:plain

 

私はアイスコーヒーとティラミスを頼みました。

元なので金銭感覚が麻痺していましたが、なかなか高いです。

 

ボリュームがあっておいしかったです。

カロリー爆弾。

 

内装が中国っぽい

内装が中国!って感じでした。

 

f:id:mimimy:20190330233400j:plain

 

よく見ると漢字だらけなんですよ。

凝ってる…

 

f:id:mimimy:20190330233409j:plain

 

天井もなんだかすごい。

蜂の巣??

 

グッズがかわいい

上海のスターバックス限定のグッズが置いてあるのですが、かわいすぎました。

 

f:id:mimimy:20190330233348j:plain

 

f:id:mimimy:20190330233426j:plain

 

f:id:mimimy:20190330233431j:plain

 

中国の花がプリントされたタンブラーだそうです。

 

タンブラーは大きいサイズのものはすべて299元(およそ5500円弱)でした。

 

決して安くはないんですよね(買った)

 

普通のスタバのグッズも!

ちなみに「スターバックス リザーブ ロースタリー」じゃない普通の上海のスタバにも行ったのですが、こちらで売っていたグッズもかわいい。

 

f:id:mimimy:20190330233437j:plain

 

f:id:mimimy:20190330233451j:plain

 

f:id:mimimy:20190330233445j:plain

 

f:id:mimimy:20190330233455j:plain

 

特にこのファーがついた水色のタンブラーがかわいくてかわいくて!

 

中国の桜グッズも上海限定のタンブラーもかわいかったので、ぜひ行ってみてください!

 

少しでも参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

上海「Sleep No More」行ってきた

こんにちは!

さくらです。

 

先日上海の「スリープノーモア」に行ってきました!

 

f:id:mimimy:20190327213914j:plain

 

 

 

「スリープノーモア」って何?

ニューヨークのオフブロードウェイで上演が始まった体験型のショーです。

現在ニューヨークと上海で上演されています。

 

観客がマスクをつけてホテル内を自由に歩き回り、自分が観たいものを観る新しいスタイルの舞台。

 

ニューヨークでの体験と注意をまとめたので、ぜひ読んでみてください。

すごい沼です。

 

mimimy.hatenablog.com

 

mimimy.hatenablog.com

 

ニューヨークでの体験が最高すぎたんです。

 

のちに上海でも上演していることを知り、とても近いことに感動。

上海にも行ってみよう!と思い行ってきました。

 

予約の仕方

公式ホームページから予約できます。

 

www.sleepnomore.cn

 

中国語になっていますが、タブで英語表記にできます。

中国語だと「不眠之夜」になるの、そのまますぎる。

 

日付と時間を選んで予約します。

 

決済手段3つくらい出てくるのですが、日本からはPayPalしか使えなそうでした。

 

ここで失敗しました。

 

観劇とは全く関係ないのですが、実はチケットを取る日付を間違えました。

メールで交換できないか聞いてみたのですがだめですとのこと。

 

私はスケジュール的に行ける日程を取ったからまだ良かったのですが、くれぐれも気をつけましょう。

予約してしまうとキャンセルも、日程変更もできません。

 

仕組みはニューヨークと同じ

仕組みというか、流れはニューヨークの「スリープノーモア」と変わりません。

 

  • チケットを受け取り荷物を預ける
  • バーに通される
  • トランプの番号や記号にそって入場
  • 観劇(同じ内容が3回繰り返されるので、好きなところを回る)
  • バーに戻って終了

 

の流れです。

 

f:id:mimimy:20190327214117j:plain

 

ほとんど中国語

最初の案内は中国語と英語です。

 

役者さんのセリフはすべて中国語です。

言葉がわからなくても楽しめるショーとは言え、なかなかきつかったです。

 

役者さんと一対一になる「one on one」では相手の言っていることがまったくわからないので困りました

 

ものすごく役者さんが話しかけてくれるのに本当に理解できない。

悔しかったし泣きたかったです…

 

チケットは高い(ワンドリンク付き)

チケット1枚あたりニューヨークは11000円、上海は14000円くらいでした。

 

上海は入場時間によって料金が変わります。

一方で平日でも土日でも、同じ入場時間であれば料金は同じです。

 

それにしてもなぜか高いな?と思っていましたが、ワンドリンク付きでした。

ノンアルコール(ソフトドリンク、カクテル)もありましたよ!

 

装飾が中国っぽい

内装が中国っぽくておしゃれでした!

YouTubeに動画が上がっているのですが、まさにこんな感じ。

 

www.youtube.com

 

この映像を観るだけで思い出してどきどきしてしまう。

 

ニューヨークでは森だったところが竹林だったり、中国風のインテリアがあったりとニューヨークとは違うところがたくさんありました。

 

レトロでおどろおどろしく感じてしまうところもあるのですが、ごちゃごちゃしていて素敵。

 

アジア人の役者さんが多い

ニューヨークよりもアジア人の役者さんが多かったです。

マクベス夫人?とかアジア人(中国人?)の方でびっくり。

 

グッズの種類が多い

ニューヨークではパンフレットとトランプしか売ってなかった記憶があるのですが、上海はものすごくいろいろなグッズがありました。

パスケースとかノートとか。

 

パンフレットを買おうとしましたが、中国語は読めないのと分厚くて重そうだったのでやめました。

 

 

とにかく素晴らしい時間を過ごせました。

 

前述しましたが、深い深い沼だと思います。

私は何回行っても楽しめると思います。

 

ぜひ行ってみてください!

 

少しでも参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

【初心者向け】「上海ディズニーランド」に行くときの注意

こんにちは!

さくらです。

 

先日上海ディズニーリゾートに行ってきたので、注意点をまとめました。

 

f:id:mimimy:20190326203927j:plain

 

すごく楽しかったんですが、やはり海外なので日本とは勝手が違うので「こうすればよかった…」と思ったことがたくさんあるんです。

 

これから行く方の参考になればと思います。

 

 

 

アプリは絶対に入れておく

日本にいるうちに、公式アプリは絶対にインストールしておきましょう。

 

上海迪士尼度假区

上海迪士尼度假区

  • Disney
  • 旅行
  • 無料

 

play.google.com 

その際ただインストールして終わり、ではなくアカウント作成まで済ませること。

 

アプリを入れるのはグループに1人で大丈夫です。

1人がアカウントを持っていれば、複数人のQRコード(チケットに記載されている)を読み込んでグループを作ることができます。

 

そうするとグループ全員分まとめてファストパスを取れるという優れものです。

アプリで待ち時間も確認できますよ!

 

ちなみに日本と同じで1つのアトラクションのファストパスを取ると、そこから2時間は次のファストパスは取れません。

 

人気のアトラクションはすぐファストパスも無くなってしまうので、早めに取りましょう。

 

ファストパスは機械にQRコードをかざして入場します。

入園時に顔写真を撮っているらしく、スマホをかざした際にキャストの方がこちらの顔と写真が一致しているか確認してました。

 

進んでるな~と驚いていたら、こんなニュースを見ました。

 

www.asahi.com

 

東京もこれからスマホファストパスが取れるようになると。

イムリーすぎる。

 

中国人の押しに負けない

アトラクションに並んでいるときやパレードを見ているときにもすかさず追い越そうとしてきたり、押してきたり。

 

小さいお子さんを連れていたら危険だと思います。

押しに負けないようにしましょう(笑)

 

パレードの写真。

 

f:id:mimimy:20190326203921j:plain

 

これ撮ってるときに後ろから子供が出てきたり、すごい押されていました。

キャストの方も注意してくれるんですが、それでも押してくるので大変でした。

 

お土産(お菓子)はあまり種類がない

お土産にお菓子を買おうとしたんですが、あまり種類がなかったです。

 

チョコレート、おせんべい、グミ、飴くらいはあったと思います。

 

ですが表示が中国語で全く読めないので、個包装なのかがよく分からなかったり

 

お菓子には期待しすぎないほうがいいと思います。

私はディズニーでお菓子のお土産は買いませんでした。

 

人気のアトラクションはやっぱり並ぶ

休みの日に行ったのですが、最長待ち時間は100分を超えていました。

海外のディズニーは空いているイメージがあったので、意外でした。

 

アプリに登録しておけば待ち時間は確認できるので、ファストパスも活用しつつ待ち時間を見ながら回りましょう。

 

パーク内にも各アトラクションの待ち時間とファストパスの時間を確認できる掲示があちこちにあります。

 

英語表記はあるが中国語がメイン

アトラクションでは、必要最低限の安全に関する説明のみ英語でアナウンスされます。

 

思い出してみると日本もそんな感じだったな、なんですが、なんだかもったいないような。

 

物売りに気をつける

パークの行き帰りの電車、パーク内のトイレ

グッズを売ってる人が驚くほどたくさんいます。

 

即離れましょう。

グッズをぐいぐい押し付けてくるとか追いかけてくるとかそんなことはしないんですが、しつこいです。

 

日本だったらこんなのすぐ出禁だよね

 

クレジットカードが使えないワゴンがある

アイスクリーム販売のワゴンでクレジットカードを使おうとしたところ、使えませんでした

 

パーク内すべてのお店でクレジットカードと現金が使えることはガイドマップに表記されているのですが、ワゴンは対象外のようです。

 

ちなみに現金は偽札対策のためか、かなり厳重に確認されます。

 

中国ではQRコード決済が主流で、少額の買い物でも見た限りほとんどの人が使っていました。

 

日本語のガイドマップあり

日本語のガイドマップもあります!

が、どこでも手に入るわけではないようで。

 

入ってすぐの左手にあるインフォメーションでもらえました。

英語や中国語のガイドマップはパーク内のあちこちにあったのですが、日本語のものはおそらく手に入る場所が限られています。

 

入場の際にさくっともらっておきましょう。

 

 

少しでも参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

映画『翔んで埼玉』感想まとめ

こんにちは!

さくらです。

 

『翔んで埼玉』を観てきました。

 

f:id:mimimy:20190313205555j:plain

 

 

 あらすじ

かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。

 

東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。

 

百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。

 

しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……

映画.comより

 

ちなみに原作はマンガです。

 

 

公式ガイドブックも出ていて、どんどん埼玉の注目度は上がるなあ。

 

 

 感想

とにかくおもしろい

「なんか話題になってるから観るか…」くらいの気持ちで観たら、いい意味で期待を裏切られました。

めっちゃよかったです!!!

 

ディスりと笑いの加減が絶妙。

埼玉県人をえぐるネタが次々と繰り出される感じ、たまらないです。

 

例えば埼玉から東京に入る際に必要な「通行手形」。

 

埼玉県人ではないことを証明するために、シラコバトの絵がプリントされた草加せんべいを踏む「踏み絵」。

 

東京に出てきたら人権がないような扱いをされるところ。

 

「埼玉ポーズ」とか、流行ったの何年前だろう(笑)

 

私にも「住みやすい」くらいしかいいところが見つからない。

え、他にあるの?ありますか?

 

それくらい埼玉には何もないのですが、まあそれでもいいじゃんと思えました(よくない)。

 

こういう映画ってそれこそやりすぎるといじめとか差別とか言われてしまいそうで、バランスが難しい。

それがギャグで済んでるのは埼玉県人の優しさゆえでは?

 

映画のなかで「何もないと言われても、笑って済ますのはやめよう」みたいなセリフが出てきます。

そんなの無理だし、「何もない」っていう現実は変わらないよね(笑)

 

ちなみに強敵の千葉もかなりディスられています。

 

印象に残っているのは「千葉は東京に迎合した結果、頭に東京とつくものをたくさん作ることができた、媚を売りすぎだ」という話です。

東京ディズニーランド(笑)

 

東京やっぱり憧れ

この映画はぱるる演じる愛美と家族が、結納のために熊谷から東京に向かうドライブで始まります。

 

流れてきたラジオ(NACK 5)の都市伝説で埼玉と東京のかつての対立を知り、その壮大なストーリーに引き込まれていきます。

 

ばるるは「結婚したら三茶か中目黒に住みたい!」と言っていて、そりゃ夢だよねと思いました。

 

憧れが強い。

それが東京。

 

ちなみに埼玉の救世主を演じているGACKTは埼玉ではなく、沖縄出身だそうです。

あんなに都会じみた人は埼玉にはいないんだなあ。

 

バーレスク東京が!

あとバーレスクっぽいシーンがあるのですが、「見覚えがあるな」と思って調べてみたらやっぱり「バーレスク東京」でした。

 

burlesque-tokyo.com

 

レポはこちら。

楽しいです。楽しすぎる場所です。

 

mimimy.hatenablog.com

  

この映画、神奈川の扱いがなかなかに酷くて、神奈川の登場時間は5分くらいでした(おそらく)。

それくらい埼玉をメインに東京、千葉との争いを集中的に描いた映画。

こんな映画、後にも先にもきっとありません。

 

でもネタが細かすぎるので、埼玉県人じゃない人にはわかってもらえない気も。

埼玉県人のための映画なんて、これこそ後にも先にもないに違いありません。

 

おもしろいのでぜひ観てみてください!

もともと嫌いなわけではなかったけれど、特に愛着のなかった埼玉が少し好きになれました。

…たぶん。

 

少しでも参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』感想まとめ

こんにちは!

さくらです。

 

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』を読みました。

 

 


 

 

 

 

内容紹介

映画の字幕翻訳は、普通の翻訳と大きく違う。

俳優がしゃべっている時間内しか翻訳文を出せないので、セリフの内容を一〇〇パーセント伝えられない。

いうなれば字幕は、「要約翻訳」なのである。

 

映画字幕翻訳を始めて約二〇年、手がけた作品数は一〇〇〇本余りの著者が、外国映画翻訳の舞台裏、気になる日本語などについて綴る。

Amazonより

 

感想

字幕の制約ってすさまじい。

今まで楽しく観ていた海外の映画の裏側にこんな格闘があったなんて、私は全く知りませんでした。

 

字幕作りの大変さは私の想像を超えていたっていうのが率直な感想です。

 

例えば俳優のセリフ1秒に対して出せる字幕の文字数は、最大で4文字だそうです。

それ以上の文字を当てることはできないんです。

 

たしかにセリフを全部直訳すると字幕が何行にも渡ってしまうので、おそらく画面を覆い尽くしてしまって映画に集中できない。

そもそも長すぎて字幕を読み切れない気もします。

 

そのためにセリフを限られた文字数に収めるわけですが、物語を過不足なく伝えなければなりません。

短い言葉に要約するには高度なテクニックが必要。

 

決まりはこれだけじゃないんです。

 

差別的な意味を持っていたり品がなかったりと見なされているので、使うことを推奨されない言葉もある。

その場面はストレートに翻訳できないので、うまくぼかして表現しないといけない。

 

あとは常用漢字でないものはかなルビを振るかひらがなにしないといけないので、「冒瀆」という言葉を字幕に使いたくてもそのまま「冒瀆」と出すわけにはいかないそう。

 

漢字の並びだけで、なんとなく意味を想像できる言葉もありそうですが

かえって不便では?と作者は書いています。

 

でもこれも全員が読めるって保障があるわけではないから、安全策をとってひらがなを選んでいるわけですよね。

難しい。

 

そして当然ですが、誰もが読んで誤解せずに意味を理解できる字幕を作らなくてはならない。

 

字幕に急に読めない漢字が出てきたり、知らない言葉がでてきたらいらいらしますよね。

私は映画に集中できなくなります。

 

お客さんは字幕を観に映画館に来ているわけではないので、あくまで字幕が映画鑑賞の妨げにならないことが一番大事。

 

こんなに厳しい制約の中でやっていて、私を含めて字幕に助けられているひとはたくさんいるだろうにこんな言われようだとは!

「なくてもいいもの」扱いが酷くてなんだか不憫になってくる。

 

さらに完成した映画の字幕が説明しすぎだと叩かれたり、字幕の意味が大きく外れていると叩かれたり

 

字幕のついた映画が、字幕製作者のたくさんの苦しみや執念の上にできあがったすごいものだということがよく分かりました。

 

おもしろかった内容

どれもおもしろかったし日本語を話す人間として納得できる内容ばかりでした。

 

最も印象に残ったのが、「!」の使い方についてです。

 

映画の字幕でも「!」は昔より増えた気がする。

ただ少数派の立場からいわせてもらうと、「!」の多用は、大声で叫んでひたすら主張していないと不安な現代よ心性を反映しているように感じる。

出典:字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ

 

 

ケンカのシーンの字幕に「!」を使わざるを得ないのは想像できますが、これがずっと続くと騒々しい。

そして繰り返すとだんだん迫力がなくなっていくような…慣れちゃうんですかね?

 

数の暴力とでも言うべきか。

 

私も油断したらLINEの文末すべてに「!」か絵文字をつけてしまいそうになるので、やりすぎに気をつけようと思いました(笑)

 

なんか「!」がないとぶっきらぼうに相手に感じられないか不安になるんですよ

 

映画と違ってLINEは文字だけなので、その感覚より大きい気がします。

 

こんなひとにおすすめ

  • 海外の映画をよく観る人

 

特に字幕ありの映画をよく観る方は、楽しめること間違いありません。

きっとこんな工夫がされているんだ!と観ているだけで感動できます。

 

私は今後字幕に感謝しながら映画を観ようと思いました。

 

Amazonで無料で読める

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』はAmazonKindle Unlimitedで読むことができます。

 

 

30日間無料で体験できますので、ぜひ読んでみてください。

 

少しでも参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。